都心で働く若造ナンパ師のブログ

如何なる時も女性の心を盗めるように。

崩壊するルーティーン〜連続学祭ナンパノック2日目〜

f:id:pua_walther:20141103103756j:plain

 

坊主。

たった1日坊主しただけでこれほど悔しい思いをしたことはなかった。

 

ワルサーはしっかり準備をしてナンパをするタイプだ。

昨日は今までで最も入念に計画し、

自らを追い込んでトレーニングし、ノック開幕戦を迎えた。

こんなに自信と準備を持って臨んだナンパはなかった。

 

結果は坊主。全て間違っているのか?学園祭では男側の外見スペックが全てか?

いや投げやりになるな。外的要因に逃げるな。

スト高も攻略した。高学歴も攻略した。ストリートもクラブでも成功は重ねてきた。

一つ一つの会話、ターゲットの反応、自分への客観視を丁寧に行い、

PDCAを回していこう。着実に軌道修正すればいい。

 

2日目のスタートラインにワルサーとゆきは立った。

=====================================

16:00 W稲田大学in

 

全国屈指の超有名大学。

バンカラな校風の印象が強く、ライバル校と比べ大衆的で、

お高く止まっている感覚はない。

在校生のスト値は概して低く、メインターゲットは来客層だ。

 

足を踏み入れた瞬間、ターゲットとナンパ師でごった返していた。

全ては自分次第のゲームが始まる。

 

1セット目:「こんにちは!ウォーターボーイズってどこでやってるか知ってる?」

「笑」「俺たちそれが1番面白いって聞いたんやけど、見つからんくてさ。」

「存在しない物聞きで話しかけるタイプなんですね!ウケるー!」

ビタ止め出来ず放流。

 

やはり声かけ慣れていてる。ひるまず、まずは行動量だ。

 

2セット目:シカト。

3セット目:会話成立も和めず。

4セット目:オープンするも人ごみにより空中分解。

5セット目:校内案内図を見つめる二人組。「何探してんの?」オープン。 

「今、来たところ?」「そうです。」「よく来るの?」「初めてです。」

「ってか夕方来るとかけっこう遅めだね!」「そうなんです、用事がやっと終わって」

「学園祭終わった後、合流して飲みに行こうよ!」「え、いきなりですか!笑」

「うん、打ち上げ!」「えー。また今度でいいですよー。」

打診後、テンションが下がる2人。低スト値だった為、粘らず放流。

 

0秒ルール発動中の無双ゆきが提案する。

「ポジションをある程度決めて動こう。地蔵するのは認知されやすくなるから、

歩きつつ、人ごみじゃないところで戦うべきじゃないかな。」

「そうだね、あと時間帯的にも帰ろうとしていたり、

退屈そうにしているセットを狙おう。」

 

2つの門を直線上に繋ぐ、比較的人通りもありつつ、

ナンパ師が少ない通りを俺たちは選んだ。

帰路につく人ごみの中でターゲットを見つけては声をかけていく。

 

ワルサーとゆき、先にターゲットを見つけた方が逆3で仕掛ける。

会話成立したら、もう片方が友達として参戦する。

ストリートでやってきたスタイルで続ける。

 

6セット目:シカト。

7セット目:ゆきが仕掛ける。

「大丈夫でーす。」「え、それって話しても大丈夫ってこと?」「笑」

会話成立するも片方を崩せず放流。

8セット目:ワルサーが攻める。「これから打ち上げなの。」「じゃあその後、2次会しよう!」

 「えーチャラいね!」会話が詰まり放流。悔しい。

9セット目:ゆき「もう帰るところ?」「はいはい、バイバーイ。」

ゆきのメンタルが少し破壊された。ワルサーは急いで修復する。

10セット目:会話成立せず。

11セット目:シカト

12セット目:予定あるグダ崩せず。

 

13セット目:曲がり角に佇む2人。スト5とスト6。拘るな、行動量だ。

「こんにちは。もうこれから面白い企画とかってあるのかな?」オープン。

「この大学の人?」「いや違うよ、後輩に呼ばれてきたんだ。君たちは?」

「インカレサークルでお店の手伝いにきたの。もう疲れたー。」

「この後、どうするん?」「まだ決まってないよー。」「じゃあ飲みに行こうか。」

「でも、打ち上げ入るかもしれないし。」「2次会って言葉知ってる?」「笑」

連れ出し案件を1つ確保した。

 

17:15 人が少なくなってきているので行動範囲を広げる。

何よりスト高が多い。そして、みんな清楚だ。

 

14セット目:片方がスト高。会話成立せず。

15セット目:シカト。

16セット目:和めず。ミスコンの魅力に負ける。

17セット目:予定グダ崩せず放流。

18セット目:スト高。オープンするも食い入るように品定めされて逆放流。

19セット目:打ち上げグダ崩せず放流。

20セット目:シカト。

 

18:00 作戦会議する。

「絶対に和めない層も一定層いる。けど大半はナンパ慣れされてない。

トーキングタイフーンで圧倒しよう。こっちから笑って、楽しい雰囲気を作り出す。

ひるまず打診する。押せば進める層も必ずいるはず。」

 

周りのナンパ師が比較的しっかり和んでいる中、

俺たちは真逆の戦術を選択した。

 

21セット目:スト7と3のペア。学園祭の2人組はアンバランスが多過ぎる気がする。

ゆきがオープンする。ワルサーも途中参戦で盛り上げる。

「君たちミスコン出ないの?まだエントリーまだ間に合うよ?」

「笑。私たちなんて無理ですよー。」「じゃあ4人でミスコンやりますか!」

「いやいやー。」「今から帰るところでしょ?あとで飲みにいこっ!」

「えー。」粘るゆき。スト3に対して心が切れてしまったワルサーは半ば離脱気味。

食い下がるゆき。帰路へ向かう彼女たちと並行トークする。

 

案件はまだたくさんある。「ごめん、ゆき!」心の中でつぶやき、

ワルサーはルーティーン「2丁拳銃」を選択した。

その場を離れ、逆3で声かけを開始し、和み始めたらゆきを呼ぶ。

 

22セット目:和むもこの後6人来るらしい。スト5。

何が起こるかわからない。番ゲして放流。

23セット目:シカト。

24セット目:和めず。

 

ゆきと合流する。「ワルサー、悪い。完全にAFCと化してしまった」

「オンリーワン中毒やん!誰でもあるよ。切り替えていこうぜ!」

 

18:30 まばらになってきたキャンパス。

大学最寄り駅近辺で残党狩りすることを選んだ。

 

25セット目:シカト

26セット目:シカト

27セット目:和む。ゲーセンに行きたがる。JK発覚。放流。

28セット目:会話成立も和めず。打ち上げの集合待ち。

29セット目:スト5とスト2のキョロちゃん。「こんばんは。何探してるの?」

「うーん、飲めるところー。お兄さん、W稲田の人?キャッチ?」ついに来た。

がっつり和みつつ、飲み屋に誘導する。ゆきの顔を見た。その後、スト2の顔を見た。

ウイングを不幸にはできない。番ゲして放流。

 

30セット目:スト7コンビ。会話成立せず。すぐに立ち去るワルサー。

「『じゃーね』ぐらい言ってから立ち去ろう。あとで愚痴言われてるし、

残された方がたまらん。」ゆきに怒られる。俺の悪いところだ。申し訳ない。

31セット目:会話成立も帰宅グダ。

32人目:ゆき、ソロ番ゲ。待ち合わせグダ崩せず。

33人目:ワルサー、ソロ番ゲ。彼氏待ち。

 

19:30 今日番ゲした案件に即日ブーメランを仕掛け始める。

 

34セット目:スト高コンビ。今からホームパーティー。「参加していい?」

崩せず。

35セット目:お揃コーデの2人。「こんばんは。双子?」「そうです!」

まさかの当たり。会話成立も友達合流で逆放流。

36セット目:タートル&キョロちゃんコンビ。ワルサー、怒涛のルーティーン連発。

「お兄さん、頭よさそうだね。回転早い。けど今は無理。」逆放流。

37セット目:シカト

38セット目:予定グダ

39セット目:帰宅グダ

40セット目:本日ラスト。魂の声かけ。シカト。

 

番ゲした5件中、4件が死んだ。今日も終わりか。

残った1件はレスがなく帰路につく。

 

20:30 自宅についてまもなく着信が入る。

「飲み過ぎたー。」飲み屋を探していたスト5。

「今から渋谷か六本木来れる?」「まだ高田馬場ー。気持ち悪いー。」

彼女との電話は会話にならなかった。

 

 2日目の幕が閉じた。

 =====================================

【2日目結果】

◆定量

・活動時間 16:30-20:00(3時間半)

40声かけ

0連れ出し

0即(5番ゲ)

 

【振り返りと明日以降の対策】

・行動量の重要性

初日に比べ、4時間近く遅めに出撃したものの、

行動量を落とさなかった結果、会話成立や和み数、

連れ出し案件の確保数は想定していたKPIとほぼ変わりませんでした。

※2日目定量データ:声かけ40、会話成立21、和み10、番ゲ5

 

f:id:pua_walther:20141031140522j:plain

 

・崩壊するルーティーン

ワルサーとゆきが使用するルーティーン自体はasapenさん考案のものが多く、

非常に汎用性が高いものです。今まで六本木を中心に絶大な威力を発揮してきました。

一方で、

ワルサーとゆきの声のトーンやトーク内容、またオリジナルルーティーンなどが、

「チャラく」受け取られることが学園祭での連れ出し打診場面で非常に多かったです。

結果、その打診が受理されることはありませんでした。

 

周囲のナンパ師のみなさんのようにしっかり和むこと。

「ドキドキ感」「期待値」の前に、「ナンパされている」という反社会的行為を

されている不慣れな現実に安心感を与えることが重要なのではないかと考えました。

 

・即は可能であるということ

昨日のツイッターで話題になっていましたが、

大阪のナンパ師トニーさんが校舎内即を実現されていました。

圧倒されました。そして、やはり即は可能だと勇気付けられました。

 

ルーティーン33で積極的に声をかけていく。

KPIはしっかり達成した上で、即にこだわりきる。

IOIがある案件はしっかり丁寧に和み、安心感と信頼感を与える。

 

3連休最後の今日も結果にこだわってストイックにやりきります!

 

ワルサー